歯医者が使うマイクロスコープとは

歯科医療におけるマイクロスコープとは、眼科や脳神経外科などの手術で使われていた手術用顕微鏡を歯科用にしたものを言います。
そもそも歯科治療は患者の口から患部にアプローチしますが、患部は極めて小さいため肉眼での治療には限界があり、かつ死角も多くあります。

そのため歯の治療は昔から歯医者の経験と勘に頼っている部分が多くありました。
しかし歯、特に歯根は複雑な形をしているため、歯医者の経験や勘だけではどうしても虫歯部分を取りきれなかったり、逆に必要以上に削りすぎてしまうというケースが存在していました。



マイクロスコープを使うと、今まで肉眼による治療では見ることができなかった部分まで確認して治療を行うことができます。

そのため、より精度の高い治療を行い、歯を健康な状態に戻すことができます。
また、外科手術などを行う場合も傷口を小さくし、縫合を細い糸で行うことができるようになるため、傷の治りが早くなると言うメリットがあります。

マイクロスコープが一番必要とされる治療は、根管治療とよばれる歯の根の治療です。

根管は歯の中にありますが、非常に複雑で細かい形状をしています。

産経デジタル情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

マイクロスコープを使うことにより、歯医者は歯の内側を拡大し、直接根管を、その先端まで見ながら治療を行うことができます。また、虫歯の治療にも能力を発揮します。
歯の健康な部分はなるべく残すのが鉄則ですが、マイクロスコープを使えば出来るだけ小さな器具を使い、歯の健康な部分を残すことができるのです。