歯医者で活用されるマイクロスコープ

マイクロスコープとは顕微鏡という意味です。



今まで、医療の世界では眼科や耳鼻科で使われてきました。

肉眼よりも拡大して見ることができるので、細かい部位を正確に把握でき、精密な診断に役立っています。最近では、歯医者でもマイクロスコープを導入するところが増えています。

お口の中にある歯というのは、とても小さなものですが、その中に歯の神経などが入っています。
これまでは、歯医者の経験によって見えない部位の治療が進められてきました。
虫歯と虫歯ではない健康な歯との境目は、直接見ることはできません。


そのため、多めに健康な歯を削ることで、虫歯の取り残しがないようにするのが一般的でした。

多めに削っても、虫歯が少しでも残っているとそこから再発してしまうというリスクがあります。


しかし、マイクロスコープを使うことで、見えないということがなくなります。

2ちゃんねるついて詳しく説明しているサイトです。

拡大して見ることで、どこまでが虫歯でどこからが健康な歯であるかを把握し、最小限度の削る量で治療できるようになりました。
歯医者の治療は細かいものが多いですが、特に歯の神経の治療は歯の中にあり、とても難しい治療です。

マイクロスコープを使うことで、直接見ながらの治療が可能になり、経験の浅い歯医者でも正確に治療ができるようになりました。


取り残すことがないので、再発のリスクも軽減され、残った歯の寿命を延ばすことにつながります。



インプラントや親知らずの抜歯など、様々な治療に活用されています。