歯医者におけるマイクロスコープについて

マイクロスコープは大変高額ですので、技術が進んでいるとはいえ、まだまだ全ての歯医者で導入できるような代物ではありません。

しかし、マイクロスコープを使った治療は、患者側にとって大きなメリットをもたらします。



それは、今まで肉眼ではできなかったような治療が、マイクロスコープを使うことにより、簡単にできるということです。
この機械の特徴として、顕微鏡のように、見たいものを拡大できるというところがあります。

今まで肉眼ですと、歯医者の視力によっては、十分に治療がされず、同じようなところにまた虫歯があるんですが、といった問い合わせをした人もいることでしょう。

また、歯医者が健康な歯まで削ってしまったようですが、といったこともあるようです。



そういったトラブルを防ぐという意味でも、マイクロスコープの積極的な導入は欠かせません。確かに、今は高額なために街の歯医者全てが導入するのは難しいでしょう。

しかし、そういった治療を望んでいる患者が多い、そして、そういった患者はマイクロスコープがある歯医者にどんどん移っているとなれば、導入せざるをえなくなるはずです。



技術革新が進んでいても、肝心の治療する側がそれを受け入れなければ、さらに技術が進んでいくことはありえません。

機械の製造側についても、コスト削減をさらに進めてもらい、できるだけ買いやすいところまで価格を下げることができれば、もっともっと広がっていくことでしょう。